代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

« 4月のおすすめコンサート | トップページ | 4月7日「向野由美子Ms & 松尾優子Pf」 »

来週のサロンコンサート「向野由美子Ms&松尾優子Pf」

Y_kohnoY_matsuo

当会の「サロンコンサートシリーズvol.24」のお知らせです。
■4月7日(土)3:00pm~
ミュージックサロン・サングレース
出演:向野由美子/メゾ・ソプラノ(写真左)    松尾優子/ピアノ(写真右)
 今回は、スウェーデンの作品として、ペッテション=ベリエルとアルヴェーンの歌曲が演奏されます。ペッテション=ベリエルは、民謡風の歌曲をたくさん書いていますが、今回演奏される「アスポーケル・ポルスカ」も、民謡だと信じているスウェーデン人もいるほど、親しまれているそうです。アルヴェーンは、スウェーデンの大変重要な作曲家であるにも関わらず、管弦楽作品で良い作品が多いこともあり、当会でもまだ、あまりとりあげられる機会がなかった作曲家です。室内楽的な作品は多くないものの、歌曲では魅力的な作品がたくさんありますので、これから少しずつ、当会のプログラムにも入れていければ、と思います。
 後半は、シューベルト、シューマンのドイツ歌曲。(詳しくはこちら

 藤原歌劇団などのオペラで活躍中の向野由美子さん。昨年の府中の森芸術劇場ウィーンフェスティバルでのソロ・リサイタルでは、モーツアルトとシューベルトの歌曲でも聴衆を魅了した彼女の魅力を、たっぶり味わえるコンサートです。また、ピアノパートも充実した歌曲のプログラムは、当会ではステーンハンマルの「晩夏の夜」やピアノソナタなどを演奏されている松尾優子さんの演奏も堪能できること間違いなし。
 是非、お聞き逃しのないように!
 ご予約は、当会までお願い致します。

♪出演者より一言!
◆向野由美子◆
 今回最初に演奏するアルヴェーンの「マリアの歌」は、一目惚れ なら ぬ、「一聴き惚れ」した作品、美しい旋律を大切に歌えたら…と 思います。
 ペッタション=ベリエルは静かなものからコケティッシュなもの等、色 んな表現満載の興味深い作品の数々です 後半はシューベルトのポピュ ラーな歌曲と、私のバイブル的な作品「女の愛と生涯」。歳を重ねる毎に作品に対する感じ方、演奏の仕方が変化し、今回も新たな発見がありました。愛する事の喜び、戸惑い、悲しみを今の私がどんな風に皆様にお伝え出来るか、少しでも「何か」が伝われば幸いです♪
  ご来場を心よりお待ちしております。

◆松尾優子◆
 今回の北欧の作品は、新たに出会ったものばかりです。
 その中でも、アルヴェーンの「マリアの歌」の1曲目“家のそばで”は、きわめて美しいバラードと言われているそうです。
 一つ一つの音や言葉を感じ取りながら、皆様と音楽を楽しめたら幸いです。

« 4月のおすすめコンサート | トップページ | 4月7日「向野由美子Ms & 松尾優子Pf」 »

スウェーデン」カテゴリの記事

声楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201885/14444199

この記事へのトラックバック一覧です: 来週のサロンコンサート「向野由美子Ms&松尾優子Pf」:

» 北欧神話 [耳目]
ギリシャ神話や北欧神話、神話も各地にありますが、神話は人間の内面の成長を表しているといいます。北欧神話はよく小説・漫画やゲームの題材になりますね。北欧神話の神様と言えば、オーディン、ロキ、トール、フレイなどが良く聞く名前です。神話の神様(の名前... [続きを読む]

« 4月のおすすめコンサート | トップページ | 4月7日「向野由美子Ms & 松尾優子Pf」 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ