代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

« 来週のサロンコンサート「向野由美子Ms&松尾優子Pf」 | トップページ | ニッケルハルパ »

4月7日「向野由美子Ms & 松尾優子Pf」

サロンコンサートシリーズ vol.24
於:ミュージックサロン・サングレース(東京都府中市)
<曲目>
アルヴェーン:マリアの歌 Op.21
ペッテション=ベリエル:「フリードリンの楽園」より
              受け継いだもの、それは憧れ
              ムンガの五月
              炎のようなあなたの瞳
              ボリエビー=ワルツ
              アルポーケル=ポルスカ
             「フリードリンの歌」より
              待つ時間は特別
              コパルフロイェルンの旅籠で

シューベルト:ます
       糸を紡ぐグレートヒェン
       ガニュメート
       音楽に寄す
シューマン:女の愛と生涯
--------------------------------------------------------------
0747_1
 前半は、スウェーデンの二人の作曲家、アルヴェーンとペッテション=ベリエルの歌曲。
 アルヴェーンの「マリアの歌」の“マリア”とは、アルヴェーンが彼女の絵(彼女の夫君による!) を見て一目惚れし、結局、後にアルヴェーンの妻となるデンマークの女性のことだそうです。許されない恋の苦悩が表現された歌曲は、そのようなエピソードを知って聴くと、また興味をそそられます。ところで、この曲の歌詞はデンマーク語でした。スウェーデン語に関しては、発音のコーチをして下さるつてのある当会ですが、デンマーク語に関しては、向野さん、かなり苦労されました。結局、スウェーデン人の歌手の方にデンマーク語の発音も調べていただき(スウェーデン語とデンマーク語はかなり似ています)、発音を教えていただく、という方法で今回の演奏会準備を行いました。デンマーク語の発音コーチをして下さるデンマーク人の方に心当たりのある方がいらっしゃいましたら、今後のためにも、当会まで情報をお寄せいただければたいへん幸せです。
0747_2 つづいてのペッテション=ベリエルの歌曲。彼の歌曲の中では代表的なものが並ぶ選曲でした。昨年は、ドイツ音楽との関連をテーマにした「スウェーデン音楽の調べVol.3」を行ったこともあり、向野さんはペッテション=ベリエルの「ニーチェによる歌曲」をとりあげました。今回のスウェーデン語の作品は、民謡風の味もあり、ドイツリートとはかなり違った雰囲気を、向野さんの表情豊かな明るい表現でお楽しみいただけたことと思います。
 後半は、しっとりとシューベルトとシューマンの歌曲を。間奏、後奏にも意味の込められたシューマンの「女と愛の生涯」では、松尾さんの情感こもったピアノ演奏も堪能。

 アンコールは、シューマンの「献呈」、ビゼーの“カルメン”より「ハバネラ」。

« 来週のサロンコンサート「向野由美子Ms&松尾優子Pf」 | トップページ | ニッケルハルパ »

スウェーデン」カテゴリの記事

声楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

外は桜が満開、サロンは向野由美子さんの美しい歌声で満たされていましたね。牧歌的な雰囲気が漂うスウェーデンの作曲家のペッテンション=ベリエル、本当に素敵でした。シューベルトもシューマンも内容が深くて、本当に充実したひと時でした。

一つ一つの曲の生まれたいきさつや、歌詞の意味、その曲の伴奏が何を表わしているかなど、とてもていねいな解説に、はじめての曲でもイメージが膨らみ、とても楽しく聞くことができました。
演奏が素晴らしかったのは言うまでもありませんが、演奏者や、このシリーズを企画された方がたが、どんなにこれらの曲に真摯に向き合い、研究された上でコンサートに臨まれたかが伝わってきて、頭が下がる思いでした。
素敵な友人と、いい出会いができたような気分でとても幸せです。
ありがとうございました。

皆様、コンサートに関するコメントをありがとうございます。

>はるうらら様
すべて歌曲によるコンサートですが、前半と後半で雰囲気も違い、楽しいプログラムでしたね。小さな会場で、じっくり歌曲を聴く、というのも、華やかなオペラアリアのコンサートとは違った声楽の楽しみ方であるのを実感したコンサートでした。次回は、ピアノのコンサート。声楽とは違った魅力をお楽しみいただければ幸いです。

>のだめ様
このシリーズならではのコンサートの魅力をお楽しみいただけたようで、とても嬉しいです。たいへん暖かいメッセージを頂戴し、これからも、「音楽」を大切にする活動を目指して努力を重ねていく気持ちを新たに致しました。
また、当会のコンサートにいらしていただければ光栄です。

はるうらら様、のだめ様。
この度はコンサートにお越しいただきありがとうございました。
そして、嬉しいコメントもいただき、改めて音楽を続けてきて良かったと感じました。
歌曲はそれぞれに詩がついていて、本当に奥が深いですよね。
皆さんと音楽を楽しめて本当に幸せでした。
ありがとうございました。

はるうらら様 のだめ様
この度はサン・グレースに足をお運び下さり
ありがとうございました
お客様の温かい雰囲気に助けられ、何とか無事に演奏出来ました事を心より感謝申し上げます
曲目解説、もっとスムーズに内容濃くしたかったのですが、
緊張しており支離滅裂になってしまってしまったことをお詫び致します^^:)
お二人のコメントを励みにこれからも頑張って参ります
7月のコンサートではパワーアップした演奏をお届け出来ればと思っておりますので、是非いらして下さいませ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201885/14597283

この記事へのトラックバック一覧です: 4月7日「向野由美子Ms & 松尾優子Pf」:

« 来週のサロンコンサート「向野由美子Ms&松尾優子Pf」 | トップページ | ニッケルハルパ »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ