代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

« 5月のおすすめコンサート | トップページ | ハーディングフェーレ(ハルダンゲル・ヴァイオリン) »

バッカナリアン男声合唱団

 4月27日、スウェーデン大使公邸にて、バッカナリアン男声合唱団のミニコンサートとパーティーが開かれました。私、ステーンハンマル友の会代表の和田記代はご招待いただき、幸運にも出席させていただくことができました。
Bacchanalian1_1
 バッカナリアン男声合唱団はスウェーデン最古の男声合唱団と言われています。今回、初来日、大阪と京都でも演奏をされたそうです。プロとして活動している合唱団ではありませんが、ミニコンサートでは、北欧独特の透明感のある響きで心のこもった演奏を聴かせていただき、スウェーデンの音楽を語る上で合唱は欠かせない、ということを改めて感じました。
 春をテーマにした曲など、10曲ほどの演奏の最後は、ステーンハンマルの「スヴァーリエ(スウェーデン)」!合唱団の方が、この曲の紹介をしたところで、スウェーデン大使が急にマイクをとり、「今日、ステーンハンマルを演奏している日本のピアニストが来ています」と、なんと思わぬところでご紹介に預かり、驚きました。私達の活動は、どこでどう繋がって発展するかは分からないので、大使のお心遣いに感謝です。
 個人的な話ですが、私がステーンハンマルの音楽と初めて出会ったのは、CDで聴いたスヴァーリエでした。初めて聴くこの音楽に涙したのは今でも覚えています。(ステーンハンマル・ファンになるきっかけとなったのがこの曲であるのは、私だけではないと思いますが・・)思えば、スウェーデン人による「スヴァーリエ」を生で聴くのは今回が初めてでした。
Bacchanalian2 つづいて、ビュッフェ・パーティーが開かれました。全人口900万人中、50万人が合唱団に所属している、と言われるスウェーデンですが、パーティーの合間も、合唱の方々の歌声が何度も響き、スウェーデンの方々が歌うことが大好きであることを実感しました。(ある合唱団員さんの話によると、スウェーデンの人が団結して盛り上がるのは、1にサッカー、2に合唱だとか・・・)スウェーデンにはお酒を飲む時に歌う歌、というのがありますが、こんなにかっこいい「ヘーラン・ゴール」を聴いたのは初めてでした。
Bacchanalian3
 大使のリクエストで、私もステーンハンマルとペッテション=ベリエルのピアノ作品を数曲演奏。ペッテション=ベリエルの「フレーセの花」を弾くと、皆様、鼻歌で一緒に歌い始め、この作品がいかにスウェーデンで愛されているかを知りました。
 合唱団の方々とは、どうして私がスウェーデンの音楽に興味をもったか、スウェーデンとノルウェー、フィンランドの音楽の違いについて、などの音楽談義で盛り上がり、たいへん楽しい一夜でした。
 最後は、日本の合唱団の方の指揮により、日本語で(!)皆で合唱して、お開きとなりました。

 バッカナリアン男声合唱団 の演奏は、下記で聴くことができます。
 4月30日(月) 3:00開演@ティアラこうとう大ホール
「バッカナリアン男声合唱団・いそべとし記念男声合唱団ジョイントコンサート」
(詳しくはこちら

« 5月のおすすめコンサート | トップページ | ハーディングフェーレ(ハルダンゲル・ヴァイオリン) »

スウェーデン」カテゴリの記事

声楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月のおすすめコンサート | トップページ | ハーディングフェーレ(ハルダンゲル・ヴァイオリン) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ