代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

« スペルマンス・ステンマ・イン・ジャパン | トップページ | スヴェンスカ・フォルクダンス・ソシエテイテン »

来週のサロンコンサート「野田清隆 pf」

K_noda当会の「サロンコンサートシリーズvol.25」のお知らせです。
■5月12日(土)3:00pm~
ミュージックサロン・サングレース
出演:野田清隆/ピアノ 
 今回は、スウェーデンの作品として、シェーグレン(「ショグレン」と表記されることもあります)の「ピアノの為の抒情詩」が演奏されます。シェーグレンは、多くの美しい歌曲をつくった作曲家です。ベルリンでも学んだシェーグレンの歌曲は、ドイツ・ロマン派の影響を受けつつ、度々訪れたフランスの香りも加わり、そこに北欧語の響きが重なった、独自の世界をつくっています。また、5曲のソナタを含むバイオリンの作品でもたいへん魅力的な音楽を書いています。
 ピアノソロの分野でも、キャラクターピース的なものを中心に、多く残されています。彼の作品の中で、この分野で最も優れた作品が残されているかは疑問の余地があると思いますが、今まで当会で演奏された「幻想小曲集」(宮下朋樹さんの演奏)、「エロティコン」(江尻南美さんの演奏)では、歌曲作曲家らしい抒情的な魅力を楽しませていただきました。今回の「ピアノの為の抒情詩」も、日本はもちろん、おそらく本国でもたいへん演奏機会が少ない作品だと思われます。
 他に、サロンにぴったりのシューマンの作品。プロコフィエフの大作、ピアノソナタ第6番では、コンサートホールでは味わえない、音量だけでなく第六感で感じる音楽の持つエネルギーをお楽しみいただけるはず。そして、2004年に作曲された 杉原岳彦:ピアノ・マドリガル も楽しみなプログラム。(詳しくはこちら

 エキサイティングな演奏会になることは間違いなし!
 一人でも多くの方に聴いていただければ、と思います。ご予約は、当会までお願い致します。

♪出演者の野田清隆さんより一言!
 これまでヴァイオリンの青木 調さんのコンサートで出演させていただいてきましたが、このたびはソロで、というお話をいただき、とても嬉しく思っております。
 なかなか馴染みの少ないスウェーデン作品をはじめ、知られざる魅力的な音楽を求めていらっしゃる皆様のことを思いつつプログラムを組みました。お楽しみいただけたらと思います。

« スペルマンス・ステンマ・イン・ジャパン | トップページ | スヴェンスカ・フォルクダンス・ソシエテイテン »

スウェーデン」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スペルマンス・ステンマ・イン・ジャパン | トップページ | スヴェンスカ・フォルクダンス・ソシエテイテン »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ