代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

« スウェーデンのフォークダンスとの関係 | トップページ | 『レッスンの友』7月号 »

6月9日「和田記代 pf」

070609
サロンコンサートシリーズvol.26
於:ミュージックサロン・サングレース(東京都府中市)
<曲目>
クラウス:ソナタ ホ長調 VB.192
ステーンハンマル:ピアノのための三つの小品
ペッテション=ベリエル:「フレーセの花」より “夏の歌” “太陽にあいさつを”

カルコフ:バラード、間奏曲と伝説 op.152
ドビュッシー:映像 第二集
ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ
----------------------------------------------------------------
 コンサート当日、心配されていたお天気にも恵まれ、大勢のお客様が足を運んで下さいました。赤を基調とした、エキゾティックな衣装をまとった和田さんの姿に、会場のお客様から「ワァ〜!」との声が^^)
 クラウスのソナタは30分近い大曲、「飽きてしまったら私の演奏のせいです」と謙虚な発言をされていた和田さん、力強く生き生きとした第一楽章、穏やかで温かい響きの第2楽章、快活な第3楽章、その変化に富んだ音楽と和田さんの演奏に、気が付くとあっという間に30分は経ってしまいました。続いて、数少ないステーンハンマルのピアノ曲は、短いながら北欧の風・香り、そして時にメランコリックを感じさせる作品です。この細かい音の移り変わりを和田さんは表情豊かに演奏。観客を魅了しました。「フレーセの花」は演奏される機会が多く、短い夏への憧れや喜びが溢れている響きに、“ペッテション=ベリエルの音楽”を満喫させて頂きました。
 後半は25年ほど前に作曲された、カルコフの作品で幕開け。現代音楽をいかにして惹きつけるか、「実はショパンが不協和音を最も多く使って作品を書いている」との和田さんのお話、大作曲家の手にかかると不協和音も美しい音に変わってしまうのだと、カルコフを聴きあらためて実感… またこの作品の音の一つ一つには強いメッセージが込められているようで、放たれた一音の響きに、しばし耳と心を傾けていました。続くドビュッシー「映像」は、一つ一つに表題が付けられ、繊細且つダイナミックに、ラヴェルの作品は、オーケストラを思わせる雄大な音楽が感じられました。フランス人作曲家の両作品、エキゾティックなメロディーラインと和田さんの流れるようなピアノの調べが、会場内を異国の雰囲気に包んでいる様でした。
 全ての作品をユーモア溢れるトークを交え分かりやすく解説、子供達も楽しそうでした。
 
アンコールはスウェーデン民謡(ペッテション=ベリエル編曲):麗しのベルムランド。

« スウェーデンのフォークダンスとの関係 | トップページ | 『レッスンの友』7月号 »

スウェーデン」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

クラウスの最初の一音から、豊かな響きが広がり、初めて聴いた曲なのに引き込まれてしまいました。ステーンハンマルの物憂げな曲など、どのようにピアノの音を作り上げるのか、いつも不思議です。
ドビュッシーの妖しい雰囲気、ラヴェルの華やかさ、和田さんの曲への深い理解と共に、最後まで豊かな時間をすごさせていただきました。
ドレスも素敵でした。

>ポリグロ様
コンサートのご感想、ありがとうございました。
クラウスのソナタは、本当に素敵な作品だと思っておりますので、お楽しみいただけたのはたいへん嬉しいです。
また、私たちの演奏会を聴いていただければ光栄です!
(違う記事へのコメントになっておりましたが、勝手に移動させていただきました。ご了承下さい。)

いつも素敵な演奏をありがとうございます。
演奏だけでなく、楽曲に関する解説がとても興味深く、クラッシク通になった気がします^-^。 
いつもスウェーデンの音楽は懐かしい薫りのする、心和む時間を与えてくれます。
来月の演奏会を親子で楽しみにしています。
ありがとうございました。

>chika&mam様
いつも、親子お揃いでコンサートにいらしていただき、ありがとうございます。
遠い北欧の地「スウェーデン」の音楽なのに、なにか懐かしい薫りがする、というのは、よく皆様おっしゃられるご感想です。面白いですね。これからも、スウェーデンの素敵な作品をいろいろいご紹介していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スウェーデンのフォークダンスとの関係 | トップページ | 『レッスンの友』7月号 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ