代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

ペッテション=ベリエル:コパルフロイエルンの旅籠で

2007年7月15日「スウェーデン音楽の調べ vol.4・北欧の響き」のライヴ録音、歌曲の最後は、ペッテション=ベリエルの「フリードリンの歌」より “コパルフロイエルンの旅籠で”。
 スウェーデンの方々は、お酒が入ると歌いたくなるようで、「ヘーラン・ゴール」始め、お酒を飲む時の歌が沢山あります。「楽しい夏は終わり!さあ、収穫の秋!」と終わるこの作品も、お酒が入った楽しい歌。韻を踏んだスウェーデン語の調子の良さもお楽しみ下さい!
 演奏は、メゾ・ソプラノの向野由美子、ピアノの松尾優子です。

♪ペッテション=ベリエル:コパルフロイエルンの旅籠で をダウンロード

ペッテション=ベリエル:待つ時間は特別

2007年7月15日「スウェーデン音楽の調べ vol.4・北欧の響き」のライヴ録音、今日はペッテション=ベリエルの歌曲「フリードリンの歌」より “待つ時間は特別”。
 この演奏会で共演させていただいたニッケルハルパの鎌倉和子さんは、スウェーデンへの留学経験もお持ちの方。鎌倉さんによると、長く寒い冬が終わりに近づく頃、スウェーデンの方々にとっては、たった一つの花が咲いたことも大事件。今年初めて咲いた花を皆で見に行ったりしたお話しをしていただきました。
 そんな国の人々にとって、まさに楽しいことがやってくる期待に胸を膨らませて「待つ」ということは、誰にでもすぐに理解ができる感覚なのでしょう。それは、きっと、愛する恋人を待つ時も、同じ。
 メゾ・ソプラノの向野由美子、ピアノの松尾優子でお楽しみ下さい!

♪ペッテション=ベリエル:待つ時間は特別 をダウンロード

ペッテション=ベリエル:「フリードリンの楽園」より

2007年7月15日「スウェーデン音楽の調べ vol.4・北欧の響き」のライヴ録音、今日はペッテション=ベリエルの歌曲「フリードリンの楽園」より を全曲お届けます。
スウェーデンの民謡、民族音楽の響きにも通じるペッテション=ベリエルの歌曲の世界、ニッケルハルパの演奏でもお聴きいただいたワルツやポルスカのリズムもお楽しみいただければ、と思います。

ペッテション=ベリエル:「フリードリンの楽園」より
1.受け継いだもの、それは憧れ
2.ムンガの五月
3.炎のようなあなたの瞳
4.ボリエビー=ワルツ
5.アスポーケル=ポルスカ

演奏は、向野由美子(メゾ・ソプラノ)と松尾優子(ピアノ)です。

♪ペッテション=ベリエル:「フリードリンの楽園」より をダウンロード

『音楽現代』 10月号

クラシック音楽誌『音楽現代』の10月号に、当会が7月15日に行ったコンサート『スウェーデン音楽の調べ vol.4・北欧の調べ』の批評記事が掲載されました。

ポルスカについて(その2)

「ポルスカ」について、また新しい視点での情報をいただきました。ご興味のある方は、→こちらのコメントをご覧下さい。
皆様のお陰で、たいへん興味深いお話しができ、深く感謝申し上げます。

できるだけ、嘘を書かないよう、注意してはおりますが、これからも、何かございましたら、皆様ドシドシつっこんでいただけますよう、お願い致します!(そうしていただけると、安心して書くことができます・・・)

ポルスカについて

オルビフス村のポルスカ(ウップランド地方の曲)の記事で、スウェーデンの舞曲「ポルスカ」について、その由来がよく分からない、と書かせていただきましたところ、その起源について ぴっちゃん様より たいへんご親切なコメントをいただきました。先の記事で、ポーランドの「マズルカ」の名前を不用意にも出してしまいましたが、ぴっちゃん様によりますと、「ポルスカ」は「ポロネーズ」と同根だそうです。
貴重な情報を、本当にありがとうございました。

ぴっちゃん様のコメントは→こちら

オルビフス村のポルスカ(ウップランド地方の曲)

2007年7月15日「スウェーデン音楽の調べ vol.4・北欧の響き」のライヴ録音、ニッケルハルパの最後の曲は、「オルビフス村のポルスカ」。ボルスカは、スウェーデンの典型的な舞曲のひとつ。「ポーランドの」という意味の言葉ですが、何百年も前からスウェーデンで踊られ、それぞれの村固有の踊り方が発達しているもので、もともとポーランドから入ったものであるかは、スウェーデン人にも分からないそうです。(ポーランドで有名な「マズルカ」と関係あるのかと思いきや、「マズルカ」は「マズルカ」でちゃんとスウェーデンでも踊られているそうです。)
同じ3拍子でも、ワルツと違い、3拍目にもアクセントがあるのがポイント!独特のリズムを、お楽しみ下さい。
演奏は、ニッケルハルパの鎌倉和子さん、そしてアコーディオンの鎌倉博史さんです。

♪ウップランド地方の曲「オルビフス村のポルスカ」をダウンロード

愛のワルツ(ウップランド地方の曲)

2007年7月15日「スウェーデン音楽の調べ vol.4・北欧の響き」のライヴ録音、今日もニッケルハルパの演奏をお楽しみ下さい。
 ウップランド地方は、ストックホルムより少しだけ北に行ったところですが、この地方の曲には、明るくエネルギッシュなものが多いそうです。
 演奏は、ニッケルハルパの鎌倉和子さん、そしてアコーディオンの伴奏は鎌倉博史さんです。

♪ウップランド地方の曲「愛のワルツ」をダウンロード

片想い(ダーラナ地方の曲)

2007年7月15日「スウェーデン音楽の調べ vol.4・北欧の響き」のライヴ録音、今日はスウェーデンの民族楽器、ニッケルハルパの演奏です。ニッケルハルパについては、→こちら の記事をご覧下さい。
 スウェーデンのダーラナ地方は、民俗音楽、民俗舞踊、民俗衣装を大切に伝承する地域だそうです。まずは、ニッケルハルパ独特の音をお楽しみ下さい。
 演奏は、特別ゲストとして演奏会にご出演下さった鎌倉和子さんです。

♪ダーラナ地方の曲「片想い」をダウンロード

ステーンハンマル:森の中で

2007年7月15日「スウェーデン音楽の調べ vol.4・北欧の響き」のライヴ録音、今日は ステーンハンマルの「森の中で」。
 森に咲く小さな花や鳥に話しかける、自然を大切にする北欧ならでは詩。その繊細な世界をステーンハンマルが見事に表現したのは、彼が若干17歳の頃だったそうです。
 この作品、Deccaから北欧歌曲集を出しているバーバラ・ボニーもお気に入りだとか。
演奏は、向野由美子(メゾ・ソプラノ)と松尾優子(ピアノ)。

♪ステーンハンマル:森の中で をダウンロード

ステーンハンマル:フィルギア Op.16-4

 お待たせ致しました!本日より、遂に サロンコンサートの7回セット券、10月20日・江尻南美/ピアノ のチケット発売開始!今年度も、どうぞよろしくお願い致します。

 さて、サロンコンサートの開始までに、まだ少し時間がありますので、その間、こちらのブログで 7月15日に東京オペラシティ・リサイタルホールで行われた「スウェーデン音楽の調べ vol.4・北欧の響き」のライヴ録音の一部を、少しずつ配信させていただこうと思います。

 まずは向野由美子(メゾ・ソプラノ)と松尾優子(ピアノ)によるステーンハンマルの歌曲からお楽しみ下さい!
 フィルギア は、北欧神話の女神。武装した守護神で、動物などに姿を変えることもできた、と言われています。その美しさをたたえながら、彼女をどうしても捉えられない様子が、スウェーデン語の歌詞の響き、ピアノの技法とともに見事に表現された作品。
 演奏者の話としては・・・まるで早口言葉のような歌詞に苦労したとか。

♪ステーンハンマル:フィルギア Op.16-4 をダウンロード

来シリーズのスケジュール決定!

たいへん遅くなりましたが、来シリーズのコンサートスケジュールが決定致しました。

■サロンコンサート・シリーズ
 開演は、全日3:00pm
 会場:ミュージックサロン・サングレース
 一般 ¥2500 中学生以下 ¥1000
 7回セット券 ¥9000 ※全券種お茶菓子付
2007年
10月20日(土) 江尻南美/ピアノ
11月10日(土)マーティン・フォーゲル/ギター
12月15日(土)カリーナ・ヘンリクソン/ソプラノ&和田記代/ピアノ
2008年
2月23日(土)宮下朋樹/ピアノ&柴田彩子/ピアノ
3月15日(土)向野由美子/メゾ・ソプラノ&松尾優子/ピアノ
4月19日(土)大久保光哉/バリトン&大久保咲恵子/ピアノ
5月10日(土)野田清隆/ピアノ

■スウェーデン音楽の調べ Vol.5
 『東方への憧れ(仮題)』
 2008年7月13日(日)2:00pm開演
 東京オペラシティ・リサイタルホール

サロンコンサートの7回セット券、10月20日のチケットは、9月10日発売開始!
一人でも多くの方に聴きにいらしていただければ光栄です。

来シリーズのスケジュールについて

 来シリーズのコンサート・スケジュールの発表が遅れており、たいへん申し訳ありません。現在まで、決まっているところをお知らせ致します。

サロンコンサート・シリーズ
開演は、全日3:00pm
会場:ミュージックサロン・サングレース
2007年
10月20日(土) 江尻南美/ピアノ
11月10日(土)マーティン・フォーゲル/ギター
12月15日(土)カリーナ・ヘンリクソン/ソプラノ&和田記代/ピアノ
2008年
2月23日(土)宮下朋樹/ピアノ&柴田彩子/ピアノ
(3月以降は、現在、調整中です。)

スウェーデン音楽の調べ Vol.5
2008年7月13日(日)
会場:東京オペラシティ・リサイタルホール

毎年、9回行っていたサロンコンサートですが、今回は、7回を予定しております。
10月のサロンコンサート、セット券は、今週中には発売開始予定です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ