代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

10月20日「江尻南美pf」

10_20サロンコンサートシリーズvol.28
於:ミュージックサロン・サングレース(東京都府中市)
<曲目>
R.シュトラウス:情緒ある風景 作品9より 
             第1曲 静かな森のこみちで 
             第2曲 孤独な泉のほとりで
W.ステーンハンマル:即興曲 変ト長調
シューマン:森の情景 作品82

F.リスト:巡礼の年 第1年「スイス」より 
ジュネーヴの鐘~夜曲~
W.ステーンハンマル:晩夏の夜 作品33
F.リスト:ヴェネチアとナポリ 
ゴンドラを漕ぐ女
カンツォーネ
タランテラ
----------------------------------------------------------------------
 4年目となるコンサートシリーズは、江尻南美さんのピアノリサイタルで幕開けです。
 ステーンハンマルの即興曲と晩夏の夜を含んだ、ステーンハンマル・ファンにはたまらないプログラム。
 スウェーデンの作品を軸に、自然を大切にする北欧の人々を思って、自然の情景をテーマにしてみた、とおっしゃる江尻さんの選んだ曲目。前半は、リヒャルト・シュトラウスの小品2曲、ステーンハンマルの即興曲、シューマンの「森の情景」。歌曲の分野でも多くの魅力的な作品を残した3人の作曲家の抒情的な音楽を江尻さんの暖かい情感こもったピアノの音色で堪能。後半は、リストの「ジュネーヴの鐘」につづき、ステーンハンマルの最もオリジナリティーのあるピアノ作品、「晩夏の夜」。抒情的な中にも秘めた情熱も感じさせる演奏で、ステーンハンマル独特の世界に浸りました。最後は、リストの「ヴェネチアとナポリ」でピアノ音楽のヴィルトオジティも演奏家の間近で体感。

すっかり盛り上がったお客様を前に、アンコールは、ラフマニノフの「音の絵」Op.39より No.2、No.6。
10_20_2
 終演後は、いつものように、演奏者も交えたティーパーティー。右は、当会の大切な「常連」さんたち。中学生以下の割引チケット(¥1000)を利用したお客様も、少しずつ増えてきて、たいへん嬉しいです。間近で聴ける演奏は、小さなお客様達にも人気で、皆、たいへん静かに演奏を聴いて下さいます。
 今年度も、一人でも多くの方と、会場でお目にかかることができれば光栄です!

シェーグレン:エロティコン Op.10より No.1,4,5

今日は、10月20日の当会のサロンコンサート vol.28に出演される江尻南美さんの演奏で、シェーグレンの「エロティコン Op.10」より 第1番、第4番、第5番をお送りします。
 シェーグレン(ショグレン、ショーグレンと訳される時もあり)は、歌曲、そしてヴァイオリンの作品などを多く残した作曲家です。ピアノソロの為のエロティコンは、彼がコペンハーゲンの作曲のコンクールで第一位を受賞した作品だそうです。この頃の多くのスウェーデンの作曲家がドイツの音楽から強い影響を受けていた中、彼は、フランスに強く惹かれ、パリを度々訪れたと伝えられています。

♪シェーグレン:エロティコン Op.10 より 第1番、第4番、第5番 をダウンロード
(江尻南美/ピアノ 2006年12月2日@ミュージックサロン・サングレース)

来週のサロンコンサート「江尻南美pf」

 いよいよ、ステーンハンマル友の会・コンサートシリーズ2007-2008 が来週からスタートします!
 ひとりでも多くの方々と、演奏会会場でお目にかかることができましたなら光栄です。

  では、新シリーズ、第一回目となるサロンコンサートのお知らせです。
N_ejiri
サロンコンサートシリーズ Vol.28
■10月20日(土)3:00pm~ @ミュージックサロン・サングレース
■一般 2500円 中学生以下 1000円 7回セット券 9000円
 全券種お茶菓子付き
■出演:江尻南美/ピアノ

 当会のサロンコンサート、3回目のご出演となるピアニスト、江尻南美さんの演奏で、新シリーズはスタートです。
 今年もサロンにふさわしい、たいへん興味深いプログラム。スウェーデンものとしては、ステーンハンマルのピアノソロ曲として、最もオリジナリティーがある作品と思われる「晩夏の夜」が登場!昨年のサロンコンサートでシェーグレン「エロティコン」の抒情的な心に響く演奏をしていただいた江尻さんが、この北欧独特のメランコリーをたたえたステーンハンマルの世界をどう表現されるかは、本当に楽しみです。同じくステーンハンマルの小品、「即興曲 ト短調」も、短いながら、ステーンハンマルの音楽の芸術性をきっと感じていただける作品です。
 他に、シューマン、リストの作品に加え、オペラや管弦楽作品で有名なリヒャルト・シュトラウスのピアノソロ作品も、演奏される機会は多くない曲で、楽しみなプログラム。
 詳しくは、→こちら をご覧下さい。
 ご予約は、当会まで。

明日は、江尻南美さんの前回のサロンコンサートの演奏から、シェーグレンの「エロティコン」より 録音を配信予定です。お楽しみに!

北欧音楽が聴ける演奏会のお知らせ

 北欧歌曲の紹介に努めておられるソプラノ歌手、山田百合子さんより、北欧音楽によるコンサートのお知らせをいただきました。プログラムは、シベリス、グリーグの他、スウェーデンのペッテション=ベリエルなど、すべて北欧作曲家による歌曲とピアノ作品です。

10_19con「北欧の調べ~歌とピアノの名曲を集めて~」
2007年10月19日(金)19:00開演
ルーテル市ヶ谷センター
主催:ムジカロンド
後援:ノルウェー大使館 スウェーデン大使館
全席自由 3000円

出演:山田百合子(ソプラノ) 出水智子(ピアノ) 廿樂彰子(ピアノ)

お問い合せ:tel/fax:03-3329-6015(山田)

新アンケート開始!

サイドバーに、ちょっとしたアンケートを設置させていただいていたのに、皆様、お気づきだったでしょうか?
「ステーンハンマルの管弦楽作品から一つ選ぶとしたら?」ということで、1)セレナーデ 2)交響曲第2番 3)ピアノ協奏曲第2番 4)その他 としたところ、投票結果は、セレナーデが一番。交響曲第2番とピアノ協奏曲第2番は同点でした。
 ところが、実は、一番票が多かったのは、「その他」だったため、ステーンハンマルの管弦楽作品を一つ選ぶとしたら・第2弾を始めました。音楽に優劣はつけられませんので、あくまで、「一つ選ぶとしたら」。今、マイブームの曲、なんか気分的に聴きたい曲、お気軽に投票をお楽しみ下さい!
 これからも、不定期に、おもしろアンケートを計画しておりますので、皆様のご意見拝聴のためにも、どしどし投票いただければ幸いです!

ステーンハンマル:ピアノ協奏曲 No.2, Op.23(by 2pf)

2007年7月15日「スウェーデン音楽の調べ vol.4・北欧の響き」のライヴ録音、今日はステーンハンマルのピアノ協奏曲 第2番 ニ短調 作品23 を二台ピアノ版でお届けします。
 この作品は、管弦楽作品としても、ピアノ作品としても、ステーンハンマルの音楽の中でも、最も充実した作品の一つだと思います。
 残念ながらオーケストラでの演奏ではなく、2台ピアノ版ですが、北欧のピアノ協奏曲は、グリーグだけではないことが、少しでも皆様に伝われば、と思います。
 演奏は、ソロ・ピアノパートが和田記代、オーケストラパートが松尾優子です。

♪ステーンハンマル:ピアノ協奏曲 第2番 Op.23 をダウンロード

今回が、「スウェーデン音楽の調べ vol.4・北欧の響き」のライヴ録音、最後となります。聴いて下さった方々、ありがとうございました。
10月20日より、ステーンハンマル友の会 4年目のコンサートシリーズが始まります。今度は、皆様と演奏会会場でお会いすることができましたなら、光栄です。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ