代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

« 広島交響楽団@すみだトリフォニー | トップページ | ミニ・コンサート@Disk Union »

2月23日「宮下朋樹 pf & 柴田彩子 pf」

08_2_23bサロンコンサート・シリーズ vol.31
於:ミュージックサロン・サングレース(東京都東府中)
<曲目>
E.グリーグ:三つのユモレスク「民族生活の情景 op.19」(宮下)
        1. 山の歌
        2. 婚礼の行列
        3. 謝肉祭
C.フランク:前奏曲、コラールとフーガ(柴田)

E.G.イェイエル:4手の為のピアノソナタ 変ホ長調
A.ドヴォルザーク:スラヴ舞曲 より
          op.46-2,4
          op.72-1
---------------------------------------
前半は、暖かさとダイナミックな表現を兼ね備えた宮下さんのグリーグと、繊細で心のこもった柴田さんのフランクの演奏。それぞれの演奏前には微笑ましいエピソードも交えた興味深い曲目解説をお話しいただき、サロンコンサートならではの雰囲気の中で、お二人の個性を堪能。08_2_23a_2

そして、後半は、ご夫婦でもあるお二人の連弾。
今回のスウェーデン作品は、イェイエルの四手の為のソナタ。イェイエルは、職業音楽家ではなく、歴史家、文学者、そして政治家でもあった、ということで、家庭でアマチュアが楽しめるような作品かと思いきや・・・しっかり演奏するにはそれなりの技術が必要と思われる、聴き応えのある作品。スウェーデンの民謡を集める仕事もしたイェイエル、これから、他の作品も是非、取り上げる機会があれば、と思います。最後は、連弾作品の中で最も人気のあるものの一つと思われる、ドヴォルザークのスラヴ舞曲から。08_2_23c

お二人のお互いの信頼が伝わってくる演奏に、心温まるひとときを楽しませていただきました。
アンコールは、フォーレ:「ドリー」より“スペインの踊り”、ブラームス:ハンガリー舞曲より、ドヴォルザーク:スラヴ舞曲より

« 広島交響楽団@すみだトリフォニー | トップページ | ミニ・コンサート@Disk Union »

スウェーデン」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

今回もとても素敵な演奏でしたnotes
連弾はお二人の波長がピッタリでしたね。お一人での演奏も大変聴き応えのあるものでしたが、連弾となると、それがさらに深みを増していたように思えました。
昨年初めて聴かせていただきましたDolly組曲ですが、とても気に入っている曲の一つです。今回はアンコールで聴かせていただけてとても感動しました。
ありがとうございました。
happy01

>chika&momさま
いつも、いろいろありがとうございます。happy01
今回は、お一人ずつの演奏を聴いた後での連弾、「二人合わせるとこうなるよ!」という感じで、連弾の魅力が改めて分った気がしました。
サロンならではの連弾コンサート、また次回が楽しみですねnote

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広島交響楽団@すみだトリフォニー | トップページ | ミニ・コンサート@Disk Union »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ