代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

詩吟

  7/13「スウェーデン音楽の調べ vol.5・東方への憧れ」では、和歌や漢詩をスウェーデン語やドイツ語にした歌曲を取り上げますが、同じようなことをしている文化が、日本にもありました・・・詩吟です。などと、日本人の私が言っているのですから、話が逆で、まったくおかしいのですが。
 詩吟は、和歌や俳句など、日本語のものの他に、漢詩もよく扱われるようです。(すみません、私は、全く詩吟のことは分っていないので、的外れなことを言っていましたら、どうぞ、コメントなり、メールなりでご教示いただけましたなら幸いです。)漢詩が扱われる時には、日本語になったものが吟じられているので、今回の演奏会で取り上げる「漢詩をスウェーデン語に訳したものをスウェーデン流に歌う」という作業と全く同じともいえます。

 というわけで、現在は、便利なもので、図書館で詩吟のCDを発見。今回、ルーセンベリの「14の中国の詩」で取り上げる漢詩と同じ題材のものを、2つ、見つけました。「春暁(孟浩然)」と「江雪(柳宗元)」です。聴いてみると、まずは「?」という印象のみ。(何度も言いますが、私は日本人です。情けない・・)ところが、この図書館で借りたCD、優れもので、先生が普通に吟じたものの録音の後に、どうやったら上手に吟じられるかの解説が入っていたのです。「ここは、こういう意味なので、やわらかく。このように(わざとやってはいけない歌い方をする)歌ってはいけません。」という具合。それを聞いていると、私たちが演奏している音楽と全く何の変わりもなかったことに気づきます。思わず、この先生の解説で、自分の演奏にも反映させたくなってしまう部分までありました。そうやって聴いてみると・・・なんだか詩吟が、所謂クラシック音楽の分野の現代音楽にしか聴こえなくなって来ました。

 先日、とある老人病院で向野由美子さんと私、和田記代でコンサートをさせていただきました。病院のコンサートで、現代もの入れる、という快挙をなしとげた私たち。しかし、「今から演奏するのは、和歌や漢詩をスウェーデン語にしたものです。詩吟がお好きな方には、お馴染みの漢詩もあると思いますが・・・」と簡単な解説をして演奏すると・・なんだか、何の抵抗もなく、普通に聴いていただけたようでした。

アッテルベリなど

08_6_27 7/13「スウェーデン音楽の調べ vol.5・東方への憧れ」では、3人の素敵な弦楽器奏者の方々に賛助出演していただきます。(写真左から 荒井絵梨さん/vn、海野幹雄さん/vc、鈴木千保さん/vn)今日は、この3人にご出演いただく作品、ペッテション=ベリエルの「オリエンタル・ダンス」と、アッテルベリの「組曲 第1番“オリエンタル”」の練習をさせていただきました。
 まずは、ペッテション=ベリエルの「オリエンタル・ダンス」ですが、この曲は、もともとオーケストラ作品。例によって、演奏会最後に、悪名高い(?)主宰者の編曲による出演者全員参加バージョンで演奏させていただきます。とは言っても、弦楽器を弾いたことがない主宰者。これだけたくさんの弦楽器が入った編成にしてみたのは初めて。オーケストレーションの本をひっくり返しながら、とりあえず、その楽器で出ない音だけは書かないよう、がんばってみました・・・ というわけで、音になるのはおそるおそる。皆様、弦楽器奏者の立場で、バランスの良い音になるよう、いろいろご意見も出して下さり、楽しい作業となりました。(楽しかったのは、私だけかもしれませんが・・・)で、声楽パートもないのにメゾの向野さんや、ピアノ一台しかないのに、2人もいるピアニストが何をするのか?それは当日まで内緒です。
 
 そして、アッテルベリのオリエンタル組曲。アッテルベリは、スウェーデンの音楽界では重要な存在で、御客様よりリクエストも出ていた作曲家ですが、実は、当会で演奏するのは今回が初めて。というのも、彼の音楽は、やはりオーケストラ作品が主流。当会の規模ではなかなか取り上げることができません。というわけで、今回、演奏させていただくのは、もともと劇音楽として作曲したオーケストラ作品。アッテルベリは、それを管弦楽組曲にし、それをもとにピアノ・カルテット版も作りました。ピアノカルテットと言っても、ヴィオラはなく、ヴァイオリン2台とチェロ、という変則的な編成。
 アッテルベリは、ベートーヴェンと同じく、9つの交響曲を作っています。初期は、ブラームスの香りもしますが、基本的に、金管の活躍も目立つ豪華な音色が特徴だと思います。また、民族音楽を、土臭くなく、たいへんスタイリッシュに取り入れてもいて、そういった意味では、アルヴェーンを前進させた路線とも言えるかもしれません。

 さて、このオリエンタル組曲ですが、聖書の内容を題材とした「イェフタ」という劇の為の音楽。(「イェフタ」は、ヘンデルがオラトリオの題材にしていますね)オリエンタルの色を出す為に、アッテルベリは、ユダヤのメロディー集を借りて、それを取り入れているそうです。豪華で多彩な音色、民族音楽の扱いが得意なアッテルベリには、たいへん合った題材とも言える気がします。
 変則的なカルテット編成に、弦楽器奏者の方はバランスの取り方に少し苦労されているようですが、アッテルベリのオーケストラの音を少しでも体感していただける音を4人で作れれば、と思っております!

スウェーデン語の発音

08_6_24 多くの優れた声楽作品が生まれている、スウェーデン。この国の声楽作品を演奏する時に、まず問題になるのが「スウェーデン語」です。当会では、毎年、日本でスウェーデン語教師などをされている カール・アーネ・ヨンソン先生に、歌詞の解釈・発音指導をお願いしています。
 今回のコンサートでは、和歌や漢詩のスウェーデン語版に取り組まなくてはいけないのですが、まずは、スウェーデン語になった和歌や漢詩の内容についてと、朗読での発音練習のレッスンをしていただきました。翻訳を通した際の意味の変化、日本人とスウェーデン人で詩から受ける印象の違いを、私たち、先生、それぞれの感覚をいろいろお話ししながらのレッスンは、新しい発見がいっぱい。細かい単語のニュアンスなども、たいへん丁寧に教えて下さったヨンソン先生には、本当に感謝しております。
 そして昨日は、歌っている時にも、ちゃんとスウェーデン語に聴こえるかのレッスン。メゾソプラノの向野由美子とピアニストの和田記代の練習会場、カワイ表参道の練習室までヨンソン先生にも来ていただき、歌を聴きながら指導していただきました。音楽が大好きなヨンソン先生は、音楽的なことも配慮した上で、どうやったら言葉が聞き取れるようになるかを丁寧にご指導下さいました。

 第一曲目を聴いて、まず出たヨンソン先生のお言葉「向野さん、本当にスウェーデン語の発音が上手くなりましたね。」(拍手!)
 さて、今日の発音練習のテーマ(?)になってしまったのは、スウェーデン語の「u」の発音。同じ u でも、例えば、hundra(=百) と tusen(=千) の中の u は微妙に発音が違います。先生の口を前から横から見ながらまねをし、歌のリズムの中でもそれが再現できるか、という作業をくり返すうちに、短い時間の中でそれらしい音が出てくるようになった向野さんは、さすが!

 同じアルファベットの言語でも、その発音は国によって様々。特に、母音の発音は、言語によってその特徴をまねするのはたいへん難しいように思います。ヨンソン先生によると、スウェーデン語は「アウ」とか「オウ」といった、母音の中での動きが少ないので、歌にした時にきれいに響くのでは、とのこと。なるほど。あとは、スウェーデン語では、G や K が、後ろの母音によって、柔らかい、イェ や シュ という感じの音になることも多く、S も ズ でなく常に ス という発音。全体的に柔らかい響きの印象。スウェーデン歌曲を聴くと、心が静まるような気がするのは、そんな音の影響もあると思います。その一方、リズミックで、力強い歌曲では、向野さんも、それに合わせて発音するのに多少苦労されるご様子。

 向野さんによると、声楽家にとって、新しい言語の作品に取り組む時、難しいのは、その言語の発音に楽器である体の使い方が慣れていないことなのだそうです。うまくいかないと、楽器を無理させて、負担をかけることにもなりかねません。4年間の活動の中で、様々な時代の多くのスウェーデン作曲家の歌曲を歌ってきた向野さん、その辺りも、解消されてきていらっしゃるようです。

 7/13「スウェーデン音楽の調べ vol.5・東方への憧れ」では、きっと、スウェーデン語独特の音の響きもお楽しみいただけるはずです!ご期待下さい。
(左上、写真は、ヨンソン先生と、「u」の発音練習をする向野由美子)

和歌・漢詩@スウェーデン語・ドイツ語

 7月13日に行う「 スウェーデン音楽の調べ vol.5・東方への憧れ」では、和歌や漢詩をスウェーデン語、又はドイツ語にした歌詞による歌曲をとりあげます。
 H.ルーセンベリの作品は、E.ブロムベリ(Erik Blomberg)による漢詩のスウェーデン語訳による歌曲。E.シェーグレン、S.フォン・コック、そしてG.ド・フルメリの歌曲は、いずれも、“李白の詩による”とされている、H.ベートゲ(Hans Bethge)の「中国の笛」というドイツ語の詩集からとられたもの。そして、M.カルコフの作品は、L.エングルンド(Lars Englund)による和歌のスウェーデン語訳によるもの。
 
 和歌や漢詩が、本当に外国語に訳することができるのか、というのは、多くの方が持つ疑問だと思います。詩の場合、リズムや言葉の音も重要で、それを外国語で表現することは不可能です。ただ、それを単なる「翻訳」と捉えるか、また新しい芸術作品と捉えるかでも、考え方が変わってくるように思います。
 例えば、総合芸術と言われる「オペラ」を考えてみた場合。まずは、元となるお話を作った作家がいて、そのお話を解釈して台本を作った人がいて、それを解釈して音楽をつくった人がいて、それをまた解釈した演出家がいて、指揮者がいて、そしてそれをまた解釈した演奏家がいて、衣装を作る人がいて、道具を作る人がいて・・・・解釈=それぞれの芸術的感性 が蓄積され、総合されることで、それが成功した時には巨大な芸術のエネルギーが生まれるわけです。

 そう思うと、今回のケースも、もとの詩をつくった東洋人がいて、それを解釈して自分の言葉にした西洋人がいて、そしてそれを解釈して音にした西洋の音楽家がいて・・・そして、ここが面白いところ・・・それを解釈して演奏するのが、私たち東洋人演奏家なのであります。これを、もとの詩から伝達ゲームを通して、意味が薄まったと考えるか、または、沢山の芸術的栄養分を吸収して濃厚な「何か」が抽出されると考えるか。その答えは、私たちの演奏にかかっているとも言えます。

 とりあえず、第1フィルター(?)となる、西洋語に訳す作業をした上記、E.ブロムベリ、H.ベートゲ、L.エングルンド。この3人の解釈の仕方は、皆、見事に異なっています。それについては、また、次回から少しずつ、お話しできたら、と思います。

 さて、月刊「ムジカノーヴァ」7月号のMUSICA the SPOTLIGHTのコーナーで、この演奏会の情報が掲載されています。購読されている方は、是非、ご覧下さい!

フルメリ、「音楽の友」

 今日は、向野由美子(メゾ・ソプラノ)と私、和田記代(ピアノ)で、「7/13 東方への憧れ」の為、ド・フルメリの「四つの中国の歌 Op.66」の練習をしました。この作品、おそらく、一般に入手できる形の録音は出ていないと思われるのですが、たいへん魅力的な作品です。マーラーも「大地の歌」で使った詩集と同じ、ベートゲによる漢詩をもとにした「中国の笛」による歌曲ですが、このベートゲの詩集については、また、改めて・・・
 さて、この作品、1968年作曲です。この頃といえば、所謂、調性のない音楽や、様々な音を使った音楽、色々な試みがされていた時代ですが(色々な試み、といえば、どの時代にも、それぞれ行われてはいるのですが)、そういう意味では、ぱっと聴いたところでは、その時代の音楽にしては「ロマンチック」と捉えられる作品かと思います。(その時代の音楽は、「ロマンチック」ではないのが普通、というのも、一方的な見方ではありますが・・・この作品を取り上げたサロンコンサートの感想もご参照下さい。) ワーグナー、シューベルト、リヒャルト・シュトラウスを彷彿とさせる瞬間、それにフランスの音楽の響きも・・・と既成の音楽のイメージもありますが、そのブレンドの仕方が、しっかり個性となっている作品ともいえるように思います。
 しかし、演奏してみると、目まぐるしくかわる和音の変化、拍子の変化、フレーズの区切り方の複雑さ、など、所謂「ロマン派」と言われる時代とは大きく違った内容で、歌手も音程取りにかなり苦労される様子。まるで器楽のように使われる声楽パートは、ピアノと複雑に絡み合い、見事なアンサンプル作品となっています。
 あまり、聴く前に先入観を持っていただくのも残念なので、あくまで、これは私の個人的感想として、是非、実際はどんな音楽なのか、ご自身の耳でお確かめいただければ幸いです!

 ところで、月刊「音楽の友」7月号に、当会主宰者・和田記代 の、「東方への憧れ」に関するインタビュー記事が掲載されました。ご興味持たれた方は、ご覧いただければ光栄です。

いよいよ!

「スウェーデン音楽の調べ vol.5・東方への憧れ」まで、一ヶ月を切りました!準備も佳境に入っております。
今回は、テーマがテーマなだけに、音よりも、むしろ、文字との格闘になっていて、スウェーデン語、ドイツ語、日本語古文、漢文が散乱(?)しております。そして、悟ったこと・・・一番難しかったのは、日本語古文だった。(筆者は、れっきとした日本人です<念のため)

さて、月刊「ぶらあぼ」7月号の“今月の注目公演”のコーナーで、「東方への憧れ」が取り上げられました!というわけで、皆様、注目していただけますよう、よろしくお願い致します。

先日、このブログでもお伝えした、スウェーデン大使館公邸での建国記念日の催しの様子が、スウェーデン大使館のウェブサイトで公開されています。しかし、筆者が気になるのは、自分たちの写真より、デーモン小暮閣下とノレーン大使の写真だったりします・・

音楽現代 7月号

 月刊「音楽現代」の7月号、プレビュー・インタビューのコーナーで、当会の「7/13 スウェーデン音楽の調べ vol.5」に関する記事が掲載されました。
 主宰者は、何が嬉しいかって・・・我らがイケ面、ヴィルヘルム・ステーンハンマル様のお写真が、よい感じで載せられていることだったりします。ヴィルヘルム様のお顔を見るためにも、是非、ご覧下さい!

KAWAI ウェブサイト

KAWAI のウェブサイト、「ピアノライフ」のコーナーに、当会の主宰者の「7/13 スウェーデン音楽の調べ vol.5」に関するインタビュー記事が掲載されました。

ピアノライフのページは →こちら

ディスクユニオン・特典CD

中古品が充実した、CD・レコードショップ、ディスクユニオンのお茶の水クラシック館にて、今月6月、10,000円以上、お買い物をすると、ステーンハンマル友の会 のライヴ録音による特典CDがもらえます!ペッテション=ベリエルとステーンハンマルの曲で、スウェーデン音楽の簡単なご紹介ができたら、と思っております。収録曲は・・・
---------------------
ペッテション=ベリエル
 あいさつ(フレーセの花より)
 マリットの歌
 夏の歌(フレーセの花より)
 「フリードリンの楽園」より

ステーンハンマル
 森の中で
 私を愛してくれていた
 3つの幻想曲 op.11
 ピアノ協奏曲 No.2より 3,4mov.(2pf版)
-------------------------------
演奏は 和田記代(pf) 向野由美子(pf) 松尾優子(pf)
カリーナ・ヘンリクソン(sop) です。

スウェーデンのナショナルデー

6月6日は、スウェーデンのナショナルデーです。長い間、どこにも占領されていないスウェーデンには、特に、国ができた日!というお祝いの日もずっとなかったものの、1983年にできた、というこの日。なぜ6月6日なのでしょう?とあるスウェーデンの方に聞いたところ・・・「分らない」とのこと。少しばかり調べてみたところ、一応、この日は、1523年にグスタヴ・ヴァーサが国王になった日であり、1809年に憲法が制定された日だとか。
08_6_6というわけで、6月6日にスウェーデン大使公邸でパーティーが行われました。そして、なんと、そこで、「ステーンハンマル友の会」がスウェーデン大使のご希望により、スウェーデンの第二国歌と言われるステーンハンマルの「スヴァーリエ(スウェーデン)」を演奏することになりました。当会でも度々、この曲を歌っているメゾ・ソプラノの向野由美子が、原語で(暗譜!)熱唱すると、この曲が大のお気に入り、というノレーン大使はじめ、スウェーデンの方々も大満足のご様子。出席された日本の方々にも、ステーンハンマルの音楽の魅力が伝わっていれば、と思います。しかし、この曲、何度聴いても(弾いても)、ある種、完璧なる美です。この様な場で、この曲を演奏できたのは光栄でした!(写真は、ノレーン大使と私達です)

5月10日「野田清隆 Pf」

08_5_10aサロンコンサート・シリーズ vol.35
於:ミュージックサロン・サングレース(東京都府中市)
<曲目>
W.A.モーツァルト:組曲 ハ長調 K.399
         ソナタ イ短調 K.310
         変奏曲 ヘ長調 K.613

H.マンケル:アンダンテと変奏曲 作品57(1923)
M.ラヴェル:クーブランの墓
-----------------------------------------
08_5_10
 前半は、モーツァルトの中でも演奏される機会のたいへん少ない、組曲や変奏曲も含んだプログラム。組曲、ソナタ、変奏曲それぞれの作品の性格、仕組みも分りやすく解説を交えながらの演奏。馴染み深いモーツァルトの音楽も、また新しい視点で聴くことができた体験でした。
 後半は、今回のスウェーデン作品、マンケルの変奏曲でスタート。スウェーデン作品の中でも、聴く機会の本当に少ない作品ですが、様々な性格の変奏が並ぶ、興味深い作品。ステーンハンマル、ペッテション=ベリエル、アルヴェーンら、当会でよく取り上げるスウェーデン作曲家たちと、時代的に重なっている作曲家ですが、所謂、スカンジナビアの大きな音楽の流れからは少し離れた、独特の音の世界です。彼の音楽は、スクリャービンやフランスもののイメージと繋がるものがありますが、彼自身は作曲は独学、スクリャービンの音楽は全く知らず、ドビュッシーも、アラベスクしら知らなかった、と言われています。(何度も言いますが・・・証明方法は、私には分りませんが。)
 最後は、ラヴェルの「クープランの墓」。組曲に始まり、中、二つの変奏曲を挟んで、組曲で終わる、シンメトリーな構成感あるプログラムを、楽しいトークを交えて、それぞれの音楽の個性を生かした演奏をされた野田さんには、大きな拍手が送られました。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ