代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

« 7/13「スウェーデン音楽の調べvol.5・東方への憧れ」裏編(その1) | トップページ | 演奏会感想 »

7/13「スウェーデン音楽の調べvol.5・東方への憧れ」裏編(その2)

 今回のコンサートは、皆様、ご存知の通り、テーマが「オリエンタリズム」でした。
 さて、実際に聴かれた方からは、音から、あまり「東洋」のイメージが伝わらず、思っていたもの(期待していたもの?)と違った、というご意見もいただきました。
 私個人と致してましては、音楽に関して、あまり言葉による説明をするのは好きではないのですが、それに関して、演奏してみた側からの感覚も交えて、少しだけお話しさせていただきます。

 所謂、東洋をイメージするシンボルとも言える音は、今回、漢詩、和歌をモチーフとした作品の中には、ほとんど出てこなかったと思われます。それは、彼らが、もっぱら「文字」によるイマジネーションから音楽を作り上げたからでは、と私は考えています。公演の前の記事で書かせていただきましたが、漢詩をドイツ語にしたベートゲ、スウェーデン語にしたブロムベリ、そして和歌をスウェーデン語にしたエングルンド、それぞれの翻訳のスタイルは違っています。
 まず、ベートゲのドイツ語訳は、翻訳というより翻案で、李白の詩を欧州風の叙情詩に書き換えたもの。その詩を音楽にしたシェーグレン、フォン・コック、フルメリの歌曲は、むしろ、ドイツリートにも近いものに感じられたのでは、と思います。それは、そういった詩の性格を音楽が表しているとも言えるでしょう。
 同じ漢詩の訳でも、ブロムベリの場合、そのスウェーデン語訳は直訳に近い翻訳です。今回取り上げた極東をモチーフとした歌曲の中で、ひょっとするとルーセンベリのみ、「1.春の歌」「6.受降城の城壁から流れる夜の笛を聞きながら」などで、かすかに東洋のシンボル的な旋律が聴かれるのは、その為かもしれません。
 和歌の世界をスウェーデン人に分りやすく伝えようとしたように感じるエングルンドの詩に音楽をつけたカルコフの歌曲。こちらは、作曲者カルコフの日本人の詩人の感覚に対する共感をも感じられる作品のように思います。所謂、シンボル的な日本をイメージする旋律が出て来るわけではありません。しかし、季節感を大切にし、そして自然の中の音を聞くことで静寂をも楽しむような日本人の音の感覚、それをスウェーデン人とも共通する感覚に感じられる詩を選び、そして音にしたのがカルコフの作品のように感じます。そういう意味では、演奏してみて、個人的にはこの作品がもっとも作曲者の「心」に近く感じた曲でした。
 さて、では中東をモチーフとした作品ではどうだったでしょうか?お聴きになられた方は、アッテルベリの組曲第一番「オリエンタル」、そして、カルコフの4手の為の東洋の絵 では、中東の地域をイメージする旋律に気づかれたのでは、と思います。アッテルベリは、この作品を書くにあたり、ラビからユダヤの百科事典を借り、実際に、そこで見つけたユダヤのメロディーを使っているそうです。そして、カルコフの「東洋の絵」は、作曲者がイスラエルを旅した後で書かれた作品です。漢詩、和歌をモチーフにした作品について考え、演奏した後、こちらの2作品を演奏してみた筆者は、そのアプローチの仕方の違いに、暫し、困惑し、インスピレーションを湧かせるのに頭の切り換えが必要でした。つまり、前者が専ら文字によるイマジネーションから生まれた音楽であるのに対し、後者は視覚や聴覚のイマジネーションを強く感じるのです。慌てて、イスラエルの民族音楽をCDで聴いてみたり、イェルサレムの写真集を見るなどの作業で、自分の演奏のイメージを作り直しました。

 以上が、演奏しました側の個人的な考えです。もちろん、聴いて下さった方々が受け取られた感覚が、演奏した側と違っても良いわけで、皆様、どのようにお感じになられたのかしら、と思っております。
 実は、今回、聴いていただきたかったのは、民族ロマン主義といわれる時代より後の近現代のスウェーデン作曲家でした。(といっても、1960年代の作品まででしたが)「近現代」の音楽作品、というと、どうしても“分りずらい”という印象を持たれがち。そこを、少しでも親近感を持って音楽に入っていただこう、と思い、考え出したのが「オリエンタリズム」というテーマでした。聴いて下さった方、いかがだったでしょうか?お楽しみいただけていましたなら、幸いです。そして、同じ時代のスウェーデン以外の国の作曲家の作品にも、合わせて興味を持っていただけましたなら、たいへん嬉しいです。
---------------------------------------------------
最後に、当日、ホッとした打ち上げの様子を少しだけ・・・

7_13r
一番左は、第7人目(第1人目?)の演奏者ともいえる、当日のピアノ調律を担当して下さった日下部嘉明さんです。日下部さんが用意して下さった音がなければ、当日の演奏はできませんでした。演奏会が終了するまで演奏者と一緒に緊張感を持って下さっている(ですよね?>日下部さん)のも、日下部さんが演奏会に参加して下さっている証拠です。

7_13t
一番左は、チェロの海野幹雄さんの奥様でピアニストの海野春絵さん。お二人のデュオによるリサイタルが、9月14日(日)2:00@東京文化会館小ホールで予定されています。そちらも、是非、お聴き逃しのないように!
7_13s

« 7/13「スウェーデン音楽の調べvol.5・東方への憧れ」裏編(その1) | トップページ | 演奏会感想 »

スウェーデン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

江尻さんのブログから、こちらに辿り着きました。素人の抽象的コメントを下記URLに書いております。
http://blogs.yahoo.co.jp/yhakrymd/41536945.html

色々な企画、楽しみに待っています。

akki様

(遠くから?)コンサートにいらして下さり、そして、素敵なブログ記事まで書いていただき、ありがとうございました。お楽しみいただけましたなら光栄です。
akki様のブログ、記事でも紹介させていただきました。
合唱がお好きなのでしょうか?
スウェーデンを始め、北欧には、本当に素敵な合唱曲がたくさんありますよね!スウェーデンの方々も、合唱が大好きなのだそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7/13「スウェーデン音楽の調べvol.5・東方への憧れ」裏編(その1) | トップページ | 演奏会感想 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ