代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

おすすめコンサート情報

昨日、当会のフレッシュコンサート・シリーズが始まりました!御陰様で満員御礼。ヴァイオリンの久保静さんは、演奏中、気合いの入り過ぎ(?)で指を切る(!)というアクシデントの中、熱い演奏で会場を盛り上げて下さいました。次回は3月14日(日)北田法子さんのピアノリサイタルです。乞うご期待!
-------------------------------------
ステハン会、おすすめコンサート情報です。
当会の正メンバーであるピアニスト 宮下朋樹 によるリサイタルをご紹介させていただきます。
■2010年1月16日(土) 14:00開演
宮下朋樹 ピアノリサイタル
〜ベートーヴェン ピアノソナタ全曲演奏会XI(最終回)〜
ベートーヴェン:ピアノソナタ
 第30番 ホ長調 作品109
 第31番 変イ長調 作品110
 第32番 ハ短調 作品111

会場:東京オペラシティリサイタルホール
全席自由 3,500円
チケット取扱い
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999 etc.
詳しくは→こちらまで

「音楽の友 1月号」にこのコンサートに関する宮下さんのインタビュー記事が掲載されています。そちらも、是非、ご覧下さい!

完売しました!

12月19日「久保静 ヴァイオリン・リサイタル」のチケットは、お陰様で完売致しました。これからのご予約はキャンセル待ち扱いになります。セット券のご購入者で、今回だけは来られない、という方がいらっしゃる可能性もありますので、ご興味のある方は、どうぞ→こちらまでお問い合せ下さい。

久保 静 ヴァイオリン・リサイタル

新しい試みであるフレッシュコンサート・シリーズ開始まで、いよいよ10日を切りました。
お陰様で、セット券は完売致しました。
Shizuka_2 さて、第一回目は、ヴァイオリンの久保 静さんのリサイタルです。今回ご紹介するスウェーデンの音楽作品は、シェーグレンの「ポエム」とルーセンベリの「組曲」。両作曲家とも、当会では、歌曲、ピアノ曲は既に演奏されたことがありますが、この二人のヴァイオリン作品は、かねてから筆者がご紹介したいと思っていた音楽。カール・ライスターのクラリネットの音と、ディズニーランドをこなく愛する久保さんの演奏で、やっと演奏が実現できることとなりました。(え?どういう意味?と思ったそこのあなた。聴いていただけば疑問が解けますので、すぐにご予約を!)あとは、モーツァルトの「ソナタ ホ短調」、ラヴェルの「ソナタ」、そして、ヴィエニャフスキの「ファウストによる幻想曲」、パリの香りとヴァイオリンの妙技を堪能できるプログラムです。
 詳しくは→こちら
 一回券も残りわずかとなっております。ご予約はお早めに!

Drakskip ドレクスキップ

とあるスウェーデン文化関連の催しで出会った、北欧のトラッドをベースにした音楽を演奏しているグループ“ドレクスキップ”。
09128_2フィドル(榎本翔太さん・中)、ヴィオラ(野間友貴さん・右)、ギター(浦川裕介さん・左)、そして今日は都合でいらっしゃれなかったドラム(渡辺庸介さん)。スウェーデンの伝統音楽のメロディー、独特の音色を残しつつ、彼ら独自の音楽を作っていらっしゃる、というのが伝わる素敵な演奏を聴かせていただきました。12弦ギターの独特の調弦法、独自の音楽作りの苦労などをお話しさせていただき、楽譜から作曲者の意志を汲み取ることから始まる私達の音楽作りとはまた違った音探しのお話、面白かったです。若く、これから、どんどん新しい音を見つけて行かれるであろうドレクスキップの皆様の活躍、楽しみです。
 今日は、他にも、スウェーデン文化に関わる、様々な方々とお会いすることができました。北は北海道、南は鹿児島まで、全国に「スウェーデン協会」があることがわかり、嬉しい驚きでした。

完売間近!

今月から始まるフレッシュコンサート、3回セット券、12月19日の1回券、共に完売間近です。いらっしゃるおつもりで、ご予約がまだの方は、お早めに!
ご予約、お問い合せは、こちらまで。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ