代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

アンケート結果発表!

サイドバーのアンケート。
「来年(じゃなくて、既に今年ですが)の音楽祭で聴きたいスウェーデン作曲家は?」

ダントツで ステーンハンマル様 が一位でした。
その他は、ペッテション=ベリエル と シェーグレン が一票ずつのみ。

すみません。せっかくわざわざアンケートをとったのに、今年の音楽祭は意外とステーンハンマル様の曲が少なくなってしまいました。原因は・・・スウェーデンからの招聘アーティストであるホルムルンド氏が、ペッテション=ベリエル派(?)なこと。テーマがフォークソングやフォークミュージックとの関連にあるコンサートが多く、そちらの方向にあまり行かなかったステーンハンマルより、ペッテション=ベリエルはもちろん、今まであまりとりあげる機会が多くはなかったE. フォン・コックなどが、多く取り上げられていることもあります。
と言っても、ファイナルコンサート「スウェーデン音楽の夕べ」では、ステーンハンマル様の歌曲やピアノ曲も取り上げる予定です。

というわけで・・・曲目も音楽祭特設ブログにアップ中です。是非、チェックしてみて下さい。
音楽祭チラシも来月初旬には出来上がる予定ですので、配布可能な場所など、お知らせいただけましたら、たいへん有り難いです。よろしくお願い致します。

今年は、ステーンハンマルの曲が多くない音楽祭になってしまいましたが・・・実は、来年はこのステーンハンマルのエキスパートともいえる方々を招聘予定です!どうぞ、お楽しみに!

コンサートのお知らせ

ステハン会にゆかりのある演奏家が出演するコンサート紹介です。

■室内楽日記 page3
2011年 2月9日
6:30開場 7:00開演@杉並公会堂小ホール
出演: 粟津惇、奥村景、加由佳、久保 静
    高橋裕紀、武田麻耶、田島華乃、平野幸世

<プログラム>
バツェヴィチ ヴァイオリン四重奏曲
マルティヌー ヴァイオリンとチェロの為のデュオ
メンデルスゾーン 弦楽四重奏曲 第6番 作品80
ブラームス 弦楽六重奏曲 第一番 変ロ長調

詳しくは→こちら

note当会のフレッシュコンサート出演者、そして、北欧の風音楽祭では、新人ゲストとして出演予定のヴァイオリニスト 久保 静さんが出演するコンサートです。決まったメンバーで、毎年一回、コンサートをやっている、というアンサンブル集団。こういった会ならではのユニークな編成の組み合わせが楽しめるコンサートです。

■和田記代ピアノコンサート
2011年2月12日(土)15:00~@宮地楽器小金井ホール
<プログラム>
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 変ロ長調 K. 570
ステーンハンマル:晩夏の夜 作品33
ラヴェル:『鏡』より
ショパン:練習曲 ホ長調 作品10 - 3 『別れの曲』
     ノクターン 嬰ヘ長調
     舟歌 作品60

詳しくは→こちら
noteベーゼンドルファーで、ステーンハンマル、一度やってみたかった組み合わせです。

賛助会員を募集しております

 定期的な演奏会企画をしばらくお休みしている間、賛助会員の制度も、一時、休止させていただいておりました。(その間も、様々な形でサポートを続けて下さった元賛助会員の皆様には、心より感謝申し上げます。)
 今年より、「スウェーデン音楽の調べ」そして、以前のサロンコンサート・シリーズに代わるものとして「府中の夏 北欧の風音楽祭」を毎年一回、開催するという形で定期的な活動を再開致しました。それに伴い、賛助会員という形で会をサポートして下さる方の募集も開始致しました。

年会費は、一口 ¥5,000。毎年1月に更新となります。賛助会員になって下さった方には、ささやかながら、下記のような形で、お礼をさせていただきます。
 ・当会主催公演のチケットの割引
 ・年間の主催公演の録音の一部を収録したCD-Rの贈呈

詳しくは→こちらのページをご覧下さい。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ