代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

準備も順調に!

「第1回 府中の夏 北欧の風音楽祭」のセット券、残り5組になっております!
 第1回目、ということで、いろいろと遠回りもありましたが、なんとか開催にこぎ着けそうです。ご協力頂いている皆様には、感謝申し上げます。
 再度、復活させていただいた賛助会員制度にも多くの方が参加して下さり、ありがとうございます。

 海外からの演奏家招聘の為の正式な手続きも、順調に進み、これから毎年、スウェーデンの演奏家との交流から新しい音を生み出して行く、という企画の大きな柱も、続けていけそうです。

 本日は、今年のスウェーデンからのゲスト、ピアニストのミカエル・ホルムルンドさんと、スカイプで打合せ。地球の裏側の人とも、顔を見て打合せができる時代になったのだと・・・不思議な気持ちになりました。子供時代、まさか大人になったら、こんな世界が待っているとは、夢にも思わなかったのですが。

 音楽祭特設ブログも、どうぞご覧下さい。

次回のコンサート

当会主催の次回のコンサートは、6月5日ー13日に行なわれる「第1回 府中の夏 北欧の風 音楽祭」になります。チケットは、既に発売されております。
お得なセット券は30組限定。既に、残り半分ほどになっております。ご予約は、お早めに!

詳しくは、音楽祭特設ブログをご覧下さい。

東日本大震災で被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます

被災地の一刻も早い復興を、メンバー一同、心よりお祈り致しております。

 しばらくブログの更新が途絶えておりました。3月11日から、今、私たちが発信できること(するべきこと)は何なのか考えているうちに、時間が経ってしまいました。

 当会が深い関わりをもつスウェーデンでも、東日本大震災のニュースは連日、報道されておりました。現地でも、すぐに日本の為のチャリティーイベントが様々、行なわれ、音楽博物館のホールでは、在スウェーデンの日本人演奏家に加え、ピアノのスタファン・シェイヤ、テノールのステファン・ダールベリなど、スウェーデンを代表するともいえる演奏家の方々が出演するチャリティー・コンサートも開かれました。チケット代は100%、寄付に廻る、ということでしたが、これは、会場である音楽博物館自体も共催に入っているから実現できることです。会場は立ち見が出るほどの状態でした。
 来日経験のあるスウェーデンの演奏家も多く、そういった方々は、日本には良い思い出がたくさんあるので、その国の災害の話で、たいへん心を痛めている、という暖かいメッセージを一様に伝えて下さっています。

 今年の6月、当会のコンサートに出演予定のスウェーデンのピアニスト、ミカエル・ホルムルンド氏も、スウェーデンの外務省の「必要のない日本への渡航は控えるべき」というメッセージをご覧になった上、来日公演へ向けて、準備をして下さっています。本日も、渡航飛行機の予約の為の問合せのご連絡をいただきました。

 私たちの音楽がどのように世の中に活かされるかは、発信する私たちには分らないのが本当のところだと思います。それは、音が放たれ、受け取られた時に、やっと分ることです。
 
 当会も、これからのコンサート活動の中で、会場に募金箱を設置するなど、具体的にできることをやっていけるように考えて参りたいと思っております。
 今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ