代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

« 音楽祭終了! | トップページ | コンサートのお知らせ »

音楽現代 7月号

月刊「音楽現代 7月号」の北欧音楽特集で、当会主宰 和田記代によるステーンハンマルに関する記事が掲載されました。ご興味のある方は、お読みいただければ幸いです。

« 音楽祭終了! | トップページ | コンサートのお知らせ »

コメント

御無沙汰しております。
 
音楽祭の御成功おめでとうございます。
今回もまたお伺いできず、申し訳ありません。
 
「音楽現代」7月号、ようやく買って、読むことができました。
 
本当に、少しでも早く、少しでも広く、ステーンハンマルの音楽が色々なところで演奏されるようになることを願っております。
 
私も、何かできる状況に、早く戻れますように。。。

>斉諧生様
コメント、ありがとうございました!ステーンハンマル友の会 は、斉諧生さんからご連絡をいただけるだけで、パワーアップしますup
音楽現代、お読みいただき光栄です。CD紹介は・・・なんとも頼りない内容で、お恥ずかしいのですが。とりあえず、多くの方が手にとりやすそうな、又は、実は既に手元にあった!という感じのCDを選んでみました。(職業柄、「お家でCD聴くより、生演奏を聴きにいらして下さい!」という話の方が得意なもので・・・)ステーンハンマル様のCD紹介は、斉諧生様以外の人で勤まるわけないのですが。

今年の音楽祭では、あまりステーンハンマルを多く取り上げられず、残念でした。来年は、アンサンブルのバリエーションが増えるメンバーで臨めそうなので、ステーンハンマルの室内楽作品も、少しずつ紹介していければ、と願っています。

また、お目にかかれる機会があれば幸いです!


ペッテション好きなら佐村河内守交響曲第一番《HIROSHIMA》がオススメです。

満身創痍、孤高の鉄人です。

結局買うはめになる佐村河内守交響曲第一番《HIROSHIMA》。現代音楽歴史がこの曲で変わるからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽祭終了! | トップページ | コンサートのお知らせ »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ