代表のTwitter


Twitter på svenska

記事関連のおすすめ

カテゴリー「ピアノ」の55件の記事

イレーヌ・マンヘイメルさん

Cimg2200当会のピアニスト、和田記代が今年、春と夏にスウェーデンを訪れた際、幸運にもスウェーデンのピアニスト、イレーヌ・マンヘイメル Irène Mannheimerさんにお会いすることができました。

今回、彼女にお会いできたのは、グンナル・ド・フルメリの音楽がきっかけでした。ド・フルメリのチェロ・ソナタ2番を今年の音楽祭で演奏するにあたり、ド・フルメリについて、様々な方にお話しを伺った中で、ド・フルメリの姪御さん、エヴァ・ルタンデルさんから、ド・フルメリについて知りたければ、彼の作品をたくさん演奏したピアニスト、イレーヌ・マンヘイメルさんに会うことを勧められました。いろいろな方のご協力のもと、マンヘイメルさんのお宅にお邪魔して、いろいろ貴重なお話しを伺うことができました。

マンヘイメルさんと言えば、私たちにとっては、なんといってもステーンハンマルのピアノ協奏曲 第1番(アッテルベリ編)のピアニスト!私(和田記代)にとっては、カップリングされていた「晩夏の夜」とともに、ステーンハンマルのピアノ曲に最初に出会ったきっかけともなったCDでした。

ステーンハンマル:ピアノ協奏曲 第1番、晩夏の夜
http://www.sterlingcd.com/catalogue/cds1004.html

フランス留学中に歌曲がきっかけでステーンハンマルに興味を持った私ですが、パリの中古CD屋さんで、このCDを発見。聴いてみると、協奏曲のピアノパートは、かなりの重量級・・・・にも関わらず(?)、ピアニストの名前はどうみても女性。全く未知のピアニストでしたが、繊細な表現の中にもしっかりしたテクニックに裏付けられた演奏に、「いったい何者?」と思ったのをよく覚えています。というわけで、彼女とお会いできることになった時には、本当に感激しました。

実際にお会いしたマンヘイメルさんは、本当に素敵な方で、実際にスウェーデンの作曲家に会って話したこと、感じたことをいろいろお話し下さいました。ステーンハンマルとは年代的に実際に会うことはなかったものの、彼女のおじいさまは、ヨーテボリのコンサートハウス建設に関して経済的な援助をしたこともあり、ステーンハンマルとは仲良しで、ステーンハンマルについてもいろいろな話しをおじいさまから聞いていたそうです。(おじいさまとステーンハンマルが仲良く腕組みをしている写真も見せていただきました!Bo Wallnerのステーンハンマルの本を持っていらっしゃる方は、2巻のP.593に掲載されているものです♪)

ステーンハンマルのピアノ協奏曲 第1番(アッテルベリ編)は、ステーンハンマルゆかりのオーケストラ、ということで、まずはヨーテボリ響で録音する、ということが決まったこと。他、指揮のデュトワのこと、録音当時の状況をいろいろ聴くに・・・「え?!あの作品をそんな状態で録音したんですかぁ?」と驚く裏話も。とにかく、数多くの演奏経験をされたはずですが、かなり細かいことまで、いろいろなご経験を覚えていらっしゃるところに、彼女の1つ1つの演奏への思い入れを感じました。

他、チェリストとしてのアッテルベリとの共演の話、同年代で仲良しだった作曲家モーリス・カルコフの話、お弟子さんだったステファン・リンドグレンの最初のピアノ協奏曲の話など、時折、いろいろなライブ録音やラジオの録音を聴かせていただきながら、様々なお話しをしていただきました。

彼女とお会いするきっかけとなった グンナル・ド・フルメリとは、実際に親しく、彼のこと、作品のこともいろいろ伺いました。ド・フルメリの「ピアノとオーケストラの為の変奏とフーガ」は、スウェーデン放送響、ストックホルム・フィルとの共演の2種類のライブ録音も聴かせていただき、ド・フルメリ自身のコメントが書き込まれた彼女の楽譜も見せていただきました。(もちろん、ド・フルメリのコメントは、すべて自分の楽譜に書き写させていただきました。)

フランスに留学で、ペルルミュテールについて勉強されたイレーヌ・マンヘイメルさん。フランスに留学経験のある私は、そういった意味でも一緒にお話しするのが楽しかったのですが、そんな彼女のド・フルメリの録音は今のところ、一般に手に入るものがないのが実に残念です。

現在でも、演奏会で演奏されているマンヘイメルさん。いつか、コンサートを聴かせていただく機会があれば、と願っています。

他のマンヘイメルさんの録音。

R. Liljefors のピアノ協奏曲
http://www.sterlingcd.com/catalogue/cds1017.html

O. Olsson のピアノ作品集
http://www.sterlingcd.com/catalogue/cds1024.html

ペッテション=ベリエルの歌曲

「スウェーデン音楽の調べ Vol.7」は、ペッテション=ベリエルの歌曲で締めくくります。ペッテション=ベリエルは、作曲の他、音楽評論家としても活躍、他、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」を自らスウェーデン語訳してスウェーデン初演(指揮)したり、ニーチェの哲学書をスウェーデン語訳したり、といった執筆活動も行っています。。。とう内容をだけを頭に入れて、彼の歌曲を聴くと、ひょっとすると「あれれ?」と思うかもしれません。
 彼はグリーグを尊敬し、グリーグの様に、スウェーデンの民謡やフォークダンスのメロディーをピアの編曲したりもしています。今回、とりあげる歌曲は、おそらく彼のそういった部分がより強く出ている作品ではないかと思います。彼は、オペラやオーケストラ作品も書いていますが、現在、最も良く演奏され、多くのスウェーデン人に愛されている彼の音楽は、一度聴いたらメロディーが頭から離れなくなってしまうような民謡風の歌曲、そして「フレーセの花」を代表する北欧の自然を思わせるタイトルがついたピアノ小品の数々です。
 彼の歌曲やピアノ曲の中には、スウェーデン人が「民謡」「伝統音楽」だと間違ってしまう曲もあるそうです。ある人が、「ペッテション=ベリエルは、スウェーデンの山田耕筰」と言っていましたが、ある意味、的を得てるかもしれません。私たちも、「あかとんぼ」や「まちぼうけ」を、作曲者の名前を意識せずに、日本に昔からあるメロディーとして口ずさんでいませんか?実は、今年、向野由美子(メゾ ソプラノ)と和田記代(ピアノ)でスウェーデンで歌曲コンサートをさせていただいた時、山田耕筰を「日本のペッテション=ベリエルです」と紹介し、敢えてペッテション=ベリエルと山田耕筰の歌を混ぜて演奏してみたところ、スウェーデンの方々にも楽しんでいただけたようです。(スウェーデンに「山田耕筰協会を作ろう!」と言い出した方もいらっしゃいました・・・)
 今回の演奏会で取り上げる個々の作品については、また次の記事で!

ステーンハンマルの音って?

前回の記事でも書いたように、現在、「スウェーデン音楽の調べ vol.7」の為、ステーンハンマルの歌曲に取り組んでいますが・・・

今回の演奏会の出演者、私・和田記代(ピアノ)と向野由美子(メゾ・ソプラノ)は、今年、スウェーデンでいくつかコンサートをさせていただきました。私、和田記代は、今回、1ヶ月の滞在となり、期間中、様々な場所でピアノを触らせていただくことになったわけですが・・・なぜか、どのピアノも、「スウェーデン語」をしゃべる!どういう意味かというと・・・なんだか音がスウェーデン語に聴こえてくるのであります。(この話は、スウェーデンで誰にしても、とっても面白がられました)いえ、実をいうと、一回だけ、イタリア語をしゃべる(?)ピアノに出会いました。そのコンサートで担当して下さった調律師さんは、ピアニストの好みの音にしたい、ということで、調律の前にピアニストの演奏を聴きて下さる、という方。私が弾いているのを聴いた後、2つ鍵盤をたたいて「これとこれだと・・たぶん、こっちの音のが好きでしょ?」と確認。はい、ご名答!その通りでした・・・で、2時間ほど、凄い勢いで仕事されて、「う〜ん、時間制限あるんで、この程度でがまんして!」と言われて再び弾いたピアノは、なんと既にスウェーデン語をしゃべっていました。

ピアニストにとっては、場所場所で違う楽器を演奏しなくてはいけない、というのが欠点でもあるのですが、こうやって、場所柄で違った音を発見できるのは、ピアニストの特権です。

それで、何がお話ししたかったかと言いますと、その1ヶ月の滞在中に、ある日突然「やっとステーンハンマルの音を見つけた!」と思った瞬間があったのです。ステーンハンマル友の会 が2004年に発足以来、ずいぶんとステーンハンマルの作品を弾かせていただきましたが、その時には、過去のすべての自分のステーンハンマル演奏をキャンセルしてしまいたいぐらいの衝撃でした。「うわ、今まで、とんでもないステーンハンマルを弾いてしまった!」とご本人に、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだったわけですが。

さて、一ヶ月の滞在の後、帰国してピアノに向ったところ。やはり、予想通り、日本のピアノは日本語を話しておりました。さて、どうしたものか・・・
「スウェーデン音楽の調べ vol.7」の会場のピアノが何カ国語しゃべれるかは、行って確かめないと分りませんが、どんなピアノであったにせよ、少しでも「ステーンハンマル本来の音」に近いものが出せれば、と願っています。

ステーンハンマルの歌曲

さて、いよいよ「スウェーデン音楽の調べ Vol.7」あと一週間ちょっとです!
今回は、歌曲特集。なんと言っても、スウェーデンは歌の国。自信を持ってお届けするプログラムになっております。

さて、そのプログラムについて、少しずつお話ししていきたいと思います!

まずは、ステーンハンマルの歌曲。今回は、「森の中で」「月の光」「アダージョ」「フィルギア」の4曲を演奏させていただきます。ステーンハンマルは作曲の他、指揮、そして名ピアニストとしても活躍した人です。なのですが、意外にもピアノ・ソロ作品はあまり多く残されていません。そして、そのピアノ・ソロ作品に関しても、「ピアノという楽器の使い方」とい点からいくと、私個人の意見で言えば、多少、疑問が残るものが多いです。(ピアニスティックな意味で問題がある=音楽に問題がある とは必ずしも言えません。念のため。)それで、また、これも私の個人的な意見ですが・・・実は、彼の作品の中で、最もピアノという楽器が上手に使われているのは、歌曲のピアノパートなのではないかと思っています。

今回、演奏する作品、4曲とも素晴らしいのですが、特に「森の中で」「アダージョ」は本当に、演奏していて「ピアノが弾けて良かった」と感じる作品です。どうやったら、あの「アダージョ」のピアノ音形を思いつくものなのか・・・いえいえ、思いついているのではないのです、ステーンハンマル様は。

彼は、知合いへの手紙の中で、こんなことを言っています
「・・・私が文章に作曲をするとき、何かを見つけようと考えたりしない。というのは私は何かを見つけるわけではないから。ただ、詩を読んで、詩の中に入り込んで、言葉の響きに耳を傾ける。やがてそれが音の響きになり、メロディックな言葉となり、そしてメロディーが語られるまで。そして和音は言葉の響きに続いてそっと動き、完全なアイディアに成長して行く・・・・」
かなり大雑把な日本語訳ですが、だいたいのニュアンスはお分かりいただけるでしょうか?つまり、彼の歌曲作品は、「音楽に言葉がついた」ものでも、「言葉に音楽がついた」ものでもないのでしょう。

今回のコンサートのステーンハンマル作品、上記の彼の言葉が納得できる選曲になっております!

※ステーンハンマル「森の中で」下記で聴くことができます。
→オントモ・ヴィレッジ

続・ヴィルヘルム様の演奏?!

前回の記事で紹介したSRのホームページにあったステーンハンマル様の演奏ですが・・・
ドイツのWelte(たぶん→これ)というピアノロール(ピアノ自動演奏装置みたいなもの?)の会社に録音(?)したもののようです。
演奏内容については、いろいろ思うところがあるのですが、もっとじっくり聴かないと。いつまで、このページはアップされているのだろう?これって、CD盤とかになっているものなのでしょうか?

ヴィルヘルム様の演奏?!

えっと、ちょっと興奮していて・・・
今ごろ気づくって、遅かったりするのかもしれませんが。

ステーンハンマル様、ご本人の演奏による、幻想曲 作品11の第三番?
スウェーデンの国営ラジオのこのページ
ピアノロールの演奏みたいですが。
あいまいなこと言っているといけないので、明日、落ち着いて内容を見てみます。

おすすめコンサート情報!

当会にゆかりのある演奏家が出演するおすすめコンサート情報です。

■2011年1月9日(日) 14:15開演@サンパール荒川大ホール
オペラ「ヘンゼルとグレーテル」(フンパーディング)
※当会の正メンバー、メゾ・ソプラノの向野由美子 がヘンゼル役で出演!
詳しくは、→こちらまで。

■2011年1月29日(土)6:00開演@東京オペラシティ・リサイタルホール
「民秋 彩 ピアノリサイタル」
〜ショパンとシューマンに想いを寄せて〜
全席自由:¥3,000
曲目:ショパン:幻想曲op.49  シューマン:交響的練習曲op.13 他
お問い合せ:日本演奏連盟(コンサート・アシスト) 03-3539-5131
※民秋さんは、当会のサロンコンサートにご出演いただいたことのあるピアニストです。

演奏者の胸の内(2)

 9月25日の「スウェーデン音楽の調べ Vol. 6」を最後に、今年度予定されている当会のコンサート活動も終了致しました。多くの方にコンサートに足を運んでいただき、たいへん感謝しております。誠にありがとうございました。

 さて、その「スウェーデン音楽の調べ vol.6」開催前に、演奏者の胸の内(こちら→)という気持ち悪い図を描かせていただきましたが。コンサートにいらして下さった方には、この意味、なんとなく感じていただけたでしょうか?

 これは、とても個人的“感覚”なので、言葉にしてしまったら身も蓋もないのですが。私の感覚では、音楽家が「表現したいもの」があり、「表現したいと思う心」があった場合、その間にある「音」の位置、というのはそれぞれの音楽、作曲家によって、違うと感じるのです。なんとなく音楽は心に近ければ近いほど漠然と“良い”ような気もしてしまいますが・・・でも、その心って、音楽の作り手なのか、聴き手なのか。世の中には、あまりに音楽の作り手の心に近すぎるが為に、聴き手の心からは遠くなってしまう音がある気もします。(もちろん、聴き手の心から遠いと“悪い”わけでは断じてありません。)
 音楽にはそれぞれ個性があり・・・そんな音と心の距離感も、個性のひとつだと思います。そして、面白いことに、その距離感というのに御国柄も出る気がするのです。

 その辺り、今回は、スウェーデンの音楽だけでなく、敢えてフランスの音楽も並べてみましたが、なんとなく違いの面白さを感じていただけたなら、演奏者としてはたいへん嬉しいです。もちろん、聴いて下さった方それぞれの感じ方が、私の気持ち悪い図と全く違っても、それはそれで良いのです。

演奏者の頭の中(2)

先日の記事「演奏者の頭の中」に関してですが・・・

ステーンハンマルとドビュッシー、ラヴェルとは、具体的な大きな接点はありません。
ステーンハンマルは、ドビュッシーの音楽に関しては、ヴァイオリン・ソナタを度々演奏した記録がありますし、指揮者としても作品を取り上げたようです。また、ストックホルムで「ペレアスとメリザンド」が初演された時の感想も残っていますが、あまり良い印象を持たなかったようでした。
ラヴェルに関しては、ステーンハンマルが晩年、ストックホルムにいた時期に、スウェーデン人歌手と一緒に北欧演奏旅行をしていたラヴェルがストックホルムでも公演をした事実がありますが・・・実際に二人が対面した、という話は、私の手元の資料では確認できていません。

敢えて、強い影響を与え合っていない同時期の音楽を並べることで、かえってお互いの個性を感じていただけるのでは、と考えていますが・・・・とはいえ、3人は、横の接点が薄かったにせよ、過去の作曲家に関しては、同じ知識を共有していたはずです。問題は、そこからそれぞれの作曲家がどう発展(変化?新しい創造?)作業を行なったか。
いろいろ資料を調べた結果・・・私なりに、過去の点で3人を結ぶとすると、前述のような図の通りになったわけです。まあ、作曲家たちご本人たちにとっては、そんなことはどうでもよくて、ただ、ご自身の音楽を皆様にどう感じていただけるか、それだけが問題だと思いますが。
 というわけで、是非、彼らの素敵な音を聴きにいらして下さいnotes

演奏者の胸の内

前回に続いて・・・9月25日「スウェーデン音楽の調べ」に出演するピアニストの胸の内。
Cocolog_oekaki_2010_09_04_14_04
※ショパンとモーツァルトは、演奏曲目に入っていません。

お絵描きツールを使ってみたかっただけだったりするのですが・・・あまりに気持ち悪い絵になってしまったので、どういう意味か次回から少しだけ言葉にしてみます。

より以前の記事一覧

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ